HOME > 水野優香 WEBマガジン

水野優香 WEBマガジン

高血圧に加圧

『高血圧なんですけど、加圧して大丈夫ですか?』
と、聞かれることがあります。

高血圧の方ほど、加圧したほうがいいです!

加圧すると血管が広がるので、
血圧が正常値になります。

そして、リンパマッサージをするので、
老廃物が血管を圧迫することによる高血圧も改善します。

加圧+リンパマッサージで、
ダブルで血圧が正常値に落ちついてきますよ。

日常生活では、
しっかり、ノンカフェインの水分を撮ること、
ウォーキング等の有酸素運動をできれば毎日すること、
も大事ですね(^^)


"博多の女"の会


むち打ちはリンパですぐ直ります

体の老廃物は、全身に張り巡らされたリンパ管が回収し、
鎖骨下静脈に流れ込み、便や尿に排出されます。

老廃物を流す管なので、リンパのことを
『体の下水管』などと、呼ぶこともあります。

交通事故や、落下事故、転倒など、体に強い衝撃が加わると、
体がゆがみ、老廃物がリンパ管を通って排出されず、
体に溜まり、どんどん体を圧迫します。

特に、老廃物の出口である鎖骨周辺から詰まってしまうため、
首周辺が回らなくなったり、頭痛やしびれがくるのが”むち打ち”です。

体のゆがみを戻して、
体に溜まってあちこちを圧迫している老廃物を、
鎖骨下静脈に流すと、
症状はかなり改善します。

1か月半前に交通事故にあったAさんの旦那様。
むち打ち症でご来店になりましたが、
1回のリンパマッサージの施術で右上半身のしびれが消え、

体を老廃物が圧迫していたことによる高血圧(上200、下160)
も平常値に落ち着きました。

リンパ管は脂肪を流す管でもあるので、
中性脂肪が通常の10倍の数値でしたが、
平常値に落ち着きました。

『整骨院で電気治療をずっと受け続けても変わらず・・・
リンパで一発でよくなりました!
右手のしびれが無くなったので、
手を使う仕事なのでどうしようかと思っていましたが、
良かったです!』

と、喜んで頂けました(^^)

交通事故、転倒、落下等で、
体が動かなかったり、しびれたり、頭痛がしたりした場合は、
リンパマッサージを受けてみてくださいね。

 


六本松ランチ・オムライス編


いつも行列ができている、六本松421にある
オムライス店“五穀”
午前中の施術が終わって、友人と行ってきました!

12時15分から待つこと30分。入店!
たっぷり明太子ご飯の上にかかっている玉子が
またまたたっぷり。
いやぁー、おなかいっぱいです。

和食に慣れているので、途中挫折しそうになりました。
隣のテーブルのギャル(死語)たちは、
『おいしーー、幸せー、サイコー』
と言っていたので、
自分の歳を感じてしまいました(来月45歳)

まぐろ丼、いくら丼、ウナギ丼
なども、メニューにあったので、
こってりに自信のない方は、
こちらのほうがいいかもしれませんね(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
毎朝、保育園へ息子を連れていく際、バタバタの私。
スニーカーや、ブーツを履いてから忘れ物を気付いた時、
ハイハイして、リビングに戻っていたのですが・・・

昨日から、2歳半の息子が、
靴を履かせると、ハイハイでリビングに戻るようになりました!!

見られてるーーー!!。。。反省。
明日からは、きちんとスニーカーを脱いで
忘れ物を取りに行こうと思います!(^^)


 

休日、動物園へ


確定申告、確定

本日、税理士さんがお見えになり、
確定申告書に印鑑を押して、
確定申告を提出してもらいました~。

先月、税理士さんに資料を渡しましたが、
それからがいろいろ質問を受けたり、
更に資料を提出したりで。。。

一安心ですね(^^)

なんか、どこかにゆっくり行きたいーー!
けど、無理なので、
仕事前にプールで泳ぐことに(^^)

プールに行く途中のパスタ屋さんの看板にびっくり!

『星が見たいので、3/6まで休みます 店主』

昨日今日と、雨だし・・・
どこまで行ったのか、
軽いジョークなのか・・・

軽く笑う場面なんでしょうね。。
考え込んでしまうところが疲れてるのかな私(笑)

この位、軽くいきたいなぁ。

日曜日に息子と

昨日、保育園帰りの2歳半の息子が
『さいしょはぐーー!じゃいけんぽん!』と、
じゃんけんを覚えてきていてびっくりしました!

ただ、最初はぐー!のところで、
私のあごにパンチを入れてくれました!
遊び方違うし!痛ーーい!
目から星が出ました。とほほ。


今日は、せっかくの日曜日ですが、
降水確率80%とのことで、
アンパンマンミュージアムに行ってきました(^^)

今まで、近寄りたくても出来なくてべそかいていたのに、
自分から近寄って、ぎゅーーっとしてもらう息子。
滑り台も自分からできるようになったり、
ちゃんと、列に並べたり、、、成長を感じます(^^)
(前は、列に並ぶということが理解できず大暴れ・・・)



 



3月ですね!

新年が明けて、
あっという間に3月になりましたね!
皆様、いかがお過ごしですか?

3月は花が咲き始めたりといい季節ですが、
“春の鬱”といわれるように
気分が落ち込む季節でもあります。

これは、季節の変わり目でもあり
気圧の変動で、
体がついていけず体調を崩しやすい時期でもあるので。
残念ですが、自殺が多いのも3月といわれています。

この時期を乗り切るためには・・・
やはり運動だと思います。

運動!と聞くとハードルが高く感じますが、
頑張って運動するのではなく、
一日中家にいないこと!

鬱を脱する為には、
ちょっとでも、外に出ることが大事なのだと思います。
雨で外に出れなくても、
一日中パジャマではなく、着替えてしゃんとするのも大事かと。

明日は、久しぶりに日曜日仕事がないので、
息子とどこかに行きたいのですが、
あいにくの雨予報・・・とほほ。

児童館か、アンパンマンミュージアムか、水族館か・・・

たまには、ゆっくり自宅で過ごすのもいいかもです(^^)
もちろん、朝起きてすぐ、
パジャマは着替えますけどね(^^)

皆様、良い週末をお過ごし下さいませ~(^^)ll



虐待等の不適切保育と家庭虐待の相談窓口

福岡市内の認可保育園における
虐待等の不適切な保育に関する報道を受けて、
福岡市こども未来局子育て支援部指導監査課は、

「虐待等の不適切な保育や、家庭の虐待が疑われる事例に関する
相談・通報専用のメールアドレス設置」
の文章を発布したそうです。

保育や、家庭の虐待の相談通報は

sidoukannsa_soudan@city.hukuoka.lg.jp

のメールを活用できるようになったそうです。
虐待されている児童に早急な対処が出来ることを望みます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
我が息子は2歳半になります。
生後、本当に寝ない子で、
日中は、ミルクか笑うか泣いてるか、、、
夕方の16時にようやくうとうと。
夜は、3~4時間おきに起きる、泣く、
1時間寝かしつけにかかって、また3~4時間後に泣く、、、

7ヶ月半で保育園に入れてからは、夜泣きが更にひどくなり、
2時間ごとに泣く、1時間あやして寝かせて、また2時間ごとに泣く、、、
これが2歳まで続きました。
いやぁーしんどかった!!

これは、もしかして虐待とかにつながらないとも限らないと
私が編み出した方法。(参考にならないかもですが・・・)

1、絶対に、こどもに『うるさい!』って言わない。
うるさいって、一度言うと大変なことになりそうだったから。

これは、家族にも強要したほうがいいです。
夫が、夜中に泣く息子に『あー、うるさい!』って言うことがあり、
「うるさいは禁止!!」って言いました。
寝かしつけしてくれなくていいから、黙ってるように。


2、一番かわいい子どもの顔を思い出してしのぐ
泣く、号泣する子供の顔は、笑っているかわいい顔とは別人。
同じ我が子とは思えない程の違い!

何時間も泣く我が子をあやしながら
一番かわいい顔を思い浮かべながらあやす!
そのうちあの可愛い笑顔に戻るはず!と。

私が脳裏に焼き付けていた一番かわいい我が子の顔

これ(^^)

なめまわしたい程の可愛い顔を頭に刷り込ませて、
あやしている最中にいつもこの顔を思い出す!


3、歌を歌う

お気に入りの子守歌もよし。

私は『可愛いこうたろう』という歌を作詞作曲して歌ってました。
ちなみに、”かわいい、かわいい、こうたろう~♪”
を連呼するだけのものです(^^;)

これを歌えば自分が落ち着いてました(^^)


4,ウンチをしたら無条件に喜ぶ
『良かったねー―!、すっきりしたねーー!
きれいにしようねーー!』

5、離乳食、食事に一喜一憂しない
何か食べたらok!!!!

大丈夫!みたいです(^^:)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
産後、退院する際に、助産師さんに、
『赤ちゃんがどうしても泣き止まないときは、
安全な部屋に置いて、その部屋を出て深呼吸です!』
って教わりました。

けど、なかなか、
泣き叫ぶ赤ん坊を置いて部屋を出ていけなかったので・・・

こどもがわめいたり、ないたり、暴れたり、だだをこねたり、、、
その時はとても大変ですが、
落ち着いたらたまらなくかわいい子供に戻ります。

それぞれの方が、
自分に合った子育て方とか、
自分が落ち着く方とか見つけて、
貴重なかわいい盛りを楽しんで、そして、
乗り切っていけたらいいのではと思います。

がんばれ、お母さん!







12345

アーカイブ

このページのトップへ